2015年12月06日

【東京版】狂乱の襲われている

「俺は…本当にお前が大事で…こんなに愛した人はいなくて…本当に…ゥッ…」彼は自分の言葉に酔って涙目になっていました…。なのでアタシの予想は当たりだろうなぁと思いましたが、死ぬまでアンタと一緒にいる予定はないので無駄な心配をしないで下さい。
旦那とババァは所詮親子だからね。何を言われても許せるかもしれないよ。でも、私は他人だよ。時間とともになんとなく忘れる事なんて絶対ないから。
昨夜、面接へ進めるとわかってから志望動機作成にとりかかった(`・ω・´)ゞ何から話せばいいんだ?というところで、メモに書き出してみたよ。
スマホでできるバイト  


Posted by ぴなっつ at 04:27